量子m3u8
冷酷之女:吟声阵阵剧情

  真亜子と印刷所を経営する夫・道雄の夫婦仲は冷え切っていた。真亜子は小説家・誠の自宅へ行っては不倫を繰り返す。誠から離婚するよう言われるが、道雄が慰謝料すら払えない懐具合を考えると二の足を踏んでしまう。そして真亜子は、道雄を殺して保険金を手にするという恐ろしい提案を持ちかけた。ミステリー作家の誠なら容易いだろうとの目論見だった。さっそく来週の金曜日に実行されることになった。
  印刷所にある事務所の中で、パート従業員の桃子が道雄に跪き口で奉仕していた。シングルマザーの桃子は、夜にはホステス、そして道雄に奉仕しては小遣いを貰って子供を養っている。
  そして金曜日。真亜子は高校の同窓会で自宅を留守にしていた。事務所では道雄と桃子が交わっていた。夜の仕事のために桃子が出ていくと、裸のままぐったりしている道雄に工具が振り下ろされた。桃子が勤務先のスナックに着くと、真亜子が同窓生たちと盛り上がっていた。桃子は緊張を隠せなかった。
  道雄が目を覚ますと、両手両足はロープで縛られていた。もがく道雄を見下ろしていたのは、黒ずくめの美沙だった。美沙は手にしたハサミで道雄のパンツを裁断し、彼の逸物を無理やり勃たせ、馬乗りになって挿入した…